児童虐待とは?

 子どもの虐待とは、おもに家庭内でおきる子どもに対する力の濫用を言います。すなわち、大人の言うことをきかせるために、子どもに暴力をふるうこと、感情にまかせて言葉で子どもの心を傷つけること、大人の期待を勝手に子どもに押しつけ無理強いすること、子どもの成育に必要な世話や愛情を与えないこと、子どもを大人の性的欲求の対象にすること、これらはいずれも、子どもに対する間違った力の行使で虐待にあたります。
 子どもの虐待は、家庭という密室の中で起こることが多く、時には身近な人でさえ気付かないことがあります。その背景には家族間の葛藤や、子育てにおける親子の孤立、経済的な貧困などがあります。
 子どもの虐待はどの家庭にも起こり得ます。周囲の温かい支えがないと、どのような親でも子育てのストレスを子どもにぶつけてしまうことになります。虐待をしている親自身が悩み、やめたいと苦しんでいても誰にも打ち明けられずに、援助を求めることもできずにいる場合が多いのです。