子ども虐待ホットライン広島の活動

 子ども虐待ホットライン広島の目的
 子どもの虐待防止は、私たちひとりひとりが認識していくとともに、福祉・医療・保健・教育・法律などの専門機関が連携して取り組まなければ解決できない問題です。 そこで、それぞれの分野で子どもの虐待に直面している人々が結集し、相互のネットワークで一人でも多くの子どもを救済するとともに、親に対する援助を行う必要があると私たちは考えました。
 私たち「子どもの虐待ホットライン広島」は、こうしたネットワークのキー・ステーションの一つとなることを目的として設置された非営利の民間ボランティア団体です。

 

電話相談開設までの経緯
 私たちは平成12年から広島子ども虐待研究会(代表定者吉人弁護士)、こどもの虐待防止ネットワーク広島(代表江崎明雄弁護士)という二つの民間団体において、子どもへの虐待問題について、啓蒙活動や研究集会、事例研究、勉強会を開催してきました。
 しかし、子どもの虐待について、いきなり児童相談所に連絡や相談することをためらう人が多いことや、弁護士や医師などの専門家による研究中心の活動では、虐待問題に取り組む人の裾野が広がっていかないことなどから、民間団体による虐待専門のホットラインの開設の必要性を感じ、平成13年に入り、ホットライン開設への準備を始めました。
 ホットライン開設へ向けて、臨床心理士、さまざまな機関の電話相談員、ソーシャルワーカー、保育士、保健婦など民間の相談窓口で相談業務経験のある有志が集まり、開設へ向けて電話相談のロールプレイや虐待問題に関する研修を積み重ねました。そして、平成13年9月29日に、中国地方では初めて民間団体による子どもの虐待に関する専門のホットラインを開設いたしました。

 

現在の主な活動は、
毎週火・土曜日(10:00〜15:00)の週2回のホットライン(電話相談)の開設
ホットラインの存在を知って頂くための広報活動
一般市民、行政の専門職への研修の企画・実施
 今後、NPO法人化を目指しています。

 

メインページへ